前へ
次へ

労働相談のシステムについて

労働相談とは、会社との間でトラブルが起きた際に専門家に相談をし、解決するシステムのことです。
相談出来る内容の例をあげると、賃金の未払い、1ヶ月100時間を超えるなどの長時間労働などの労働基準法を違反している可能性があるものは相談が可能です。
相談には、電話・メール・直接訪問するという3つの方法があります。
相談するべきか迷っている場合は、電話で相談してみることをおすすめします。
メールの場合は優先度が低くなってしまう場合があります。
問題が深刻な場合は直接訪問することをおすすめします。
その場合、トラブルについての証拠を持参すると対応が速やかに行われる場合があります。
労働相談の方法について紹介します。
まずは、労働者からの相談・報告によって始まります。
予め相談内容を整理し、出来れば証拠を用意しておくことをおすすめします。
そして、ここからは労基署側が労働者の相談内容をもとに、聞き取りや調査を行います。
調査の結果、法律違反があった場合は違反した内容と改善までの期限が書かれた是正勧告書を提出します。
これを受け取った企業は、是正する場合は是正後に報告書を提出し、是正しない場合は意見を記載した報告書を提出します。
報告書を受けた労基署から、是正状況確認として再調査が入る場合もあります。
悪質な場合は、司法処分が入ることもあります。

Page Top