前へ
次へ

労働相談で取り扱われている内容

働いて収入を得ることで多くの人々は生活を維持していますが、現在は働く現場で多くの問題が生じるようになっていて、社会問題の一つになっています。
近年になって多くなっている労働相談はセクシャルハラスメントやモラルハラスメント、パワーハラスメントといった人間関係が中心になっています。
このような問題は同じ会社に勤める同僚や上司などが対象になるため、今までは内部だけで解決をすることがほとんどでしたが、これは弱い立場の方が我慢するケースが多くなっていて、完全な解決とは言えませんでした。
今では企業もコンプライアンスを確立するためにこの問題を重視していて、外部から専門家を招聘したり真摯に向き合うなど改善が見られるようになっています。
労働相談では対人関係と同じように問題になっているのが残業代などの給与に関するものであり、企業が行う業務内容で状況によって対応が異なっているというのが問題の根幹にあります。
サービス残業と呼ばれるケースもありますが、これは古くから労働者の間では起きていた現象ですが、今のように法律が完備それている状態では適正とは言えません。
労働相談を行うと所属している企業に相反しているという考えを持つ人が多くなっていますが、勤労者である以上は自分の労働環境に納得できなければ労働相談は当然の権利であるので行うべきだと言えるでしょう。

Page Top