前へ
次へ

労働相談は法律の専門家に行うのが最適な方法

賃金の未払いやセクハラ、サービス残業の強要などの問題はひとりで考えていても事態は改善されません。
速やかに専門の窓口に出向いて状況を示し、法的な対処を求めるのが正しい方法です。
しかし、労働相談を受け付けている窓口がどこにあるのかはあまり知られていません。
もっとも身近な窓口として労働関係の案件を多く手掛けている弁護士事務所があります。
労働に関する様々なトラブルへの対処に携わっている弁護士なら的確なアドバイスを貰える他、訴訟になった際の手続きもスムーズに行ってくれるのが大きな利点です。
労働相談で重要なことは問題点を分かりやすくまとめることです。
相談内容がまとまっていないと弁護士もアドバイスができないので、事前に相談内容を整理する必要があります。
また、タイムカードのように形となって残る証拠を一緒に提示するのも労働相談をスムーズに進める工夫のひとつです。
職場環境のどのような点で困っているのか、自分はどうしたいのかを明確にしたうえで専門家の助力を求めるのが労働相談の正しいあり方と言えます。

Page Top